このサイトでは、幼稚園で英語を学習することの利点を紹介しています。
様々な観点から考察をしており、立体的になぜ必要なのかを理解できるのがポイントです。
多くのメリットから始まり、それが具体的にどう役に立つのかまでがわかりやすく書いてあります。
ただ学ぶというだけではなく、リスニングができるようになったり、将来の可能性を広げることにもつながります。
より親しむために行われている工夫など、取り組み方などにも言及したいるのがポイントです。

幼稚園で英語を学習することの利点

幼稚園で英語を学習することの利点 幼いうちから英語と深く関わることによって、言葉に触れる時間は長くなります。
中等教育や高等教育から学ぶ人よりも早く習熟することができるのはメリットです。
大きくなっても得意な科目は面白く、ずっと武器にすることができます。
日本語とは親和性があまりないため、ドイツ語やフランス語に比べ数倍の学習時間がかかるとも言われていますが、早期から幼稚園で学習を開始すれば、頭も体も慣れていきます。
幼稚園から英語に触れることで、母語とは違う環境に身を置けることもメリットです。
子どもの頃から知らず知らずに形成される外国への苦手意識や、異文化への恐れを軽減させることができます。
言語の認識力が固定されてしまう前に英語を学習し慣れ親しむことで、認識力は高めることが可能です。

幼稚園での英語教育は、小学校へ繋がります

幼稚園での英語教育は、小学校へ繋がります 最近の幼稚園では英語教育を取り入れている所が多くあります。
これまでは個人経営の私立の幼稚園などが、独自で取り入れて行っているケースがほとんどでした。
それが小学校で英語学習が必修化されるにあたり、私立だけではなく公立の幼稚園でも同様の教育を取り入れる園が多くなっています。
幼稚園での教育の大半が歌を歌ったり、踊りを踊ったり体を使った体験学習のようなものが多く、スピーキングも簡単な単語や挨拶を楽しみながら学ぼうというものがほとんどです。
小学校での英語学習への導入学習という意味合いが強いと言えるでしょう。
勉強としてではなく、楽しみながら覚えることが主体となっているのが特徴でもあります。
「勉強」というと敬遠してしまう子供たちが多いので、ゲーム的な要素が多いプログラムを採用して学習している所がほとんどです。
小学校での学習へすんなり入れるようにするという意味合いが強いと言えます。
そのように幼稚園で学んだことを小学生に上がっても覚えている生徒が多くいるのは、そのように楽しみながら学んできた成果だと言えるでしょう。
小学校での勉強の前の準備段階の学習ということで、日本全体で取り組みが始まった改革の成果でもあります。

幼稚園は園によって雰囲気が全く異なるって本当?

同じような幼稚園でも、通っている子供や親により雰囲気が変わることがあります。保護者が共働きがほとんどの幼稚園では、バス送迎を実施していることも多く、ママ同士が顔を合わせる機会は少ないです。幼稚園といっても保育園のような機能があり、雰囲気は保育園に近いでしょう。
行事が多く、保護者のボランティアなどが活発な園では、登園帰りに公園に寄って遊んでいくなどアットホームな環境があります。小学校受験を目指す園児が多い場合や、高所得層が多い園では、礼儀やマナーに厳しい環境のことも。保護者同士のつながりがなく、園とも事務的な感じであるか、少人数でママ友との距離が近いなど、環境が全く異なるのが現状です。どんな生活をしたいのか、ママ同士のつながりを重視するのかによって選ぶ園も変わってくるでしょう。実際に登園時間や帰りの時間に園や近くの公園に行くと保護者や子供達の様子を知ることができます。話しかけて様子を確認してみてください。

幼稚園で入園の際に必要になる手続きとは?

幼稚園に入園する時には、さまざまなステップが必要になります。子供が安心して通えるように、必要な手続きを忘れないようにしましょう。
いきなり選抜試験を受ける人もいますが、多くの人が事前に見学会や説明会に参加して園の雰囲気や教育方針などを確認しています。急な入園などで時間がない場合でも、個別で園の案内をしてくれるケースもあるので相談してください。希望の幼稚園が決まったら、願書などを入手します。書類に家族構成などを記入して締め切りまでに提出してください。試験を実施する園では、検定料がかかることが多いです。試験といっても、申し込みだけ、試験と面接があるところ、抽選などさまざまな方法で入園が決まります。評判の良い幼稚園や小学校受験に強いところでは、面接の練習など対策が必要になります。晴れて合格すると、制服や教材などを購入することになります。手作りで用意しなければならない布バッグなどがあるケースもあるため早めの確認が必要です。

認定こども園と幼稚園の違いはどこにある?

認定こども園の管轄省庁は内閣府で、利用できる年齢は0歳?就学前。標準的な保育時間は4時間から11時間までと長いのが特徴です。
保育者は保育士のほか、幼稚園教諭の資格を持っている人も多く、さまざまな資格を持つ先生が働いています。保育料は世帯の年収に応じて自治体が定めた金額を支払うのが一般的です。幼稚園は文部科学省の管轄の教育施設で、3歳から就学前までの子供が通う施設です。4時間程度の保育時間の中で、教諭資格を持った先生が指導に当たります。保護者の仕事の有無は問われず、園が指定する保育料を支払いますが、自治体からの補助金が支給されるため、負担が少なくなっているのが現状です。認定こども園では給食が義務化されているので、給食が提供されますが、幼稚園では任意のため、お弁当を持っていく必要がある園も多いです。保護者のニーズに応えるために給食を提供している園も増えており、教育方針やお預かりの充実度などで幼稚園を選ぶ人もいます。

幼稚園選びは教育方針があっているかが重要

幼稚園を選ぶ時には、お預かりが充実していたり、施設が綺麗などハード面で選ぶ人が多いです。幼稚園は保育園と異なり、教育施設であることから教育理念に基づいて指導がされます。
シュタイナー教育では、人間形成を重視し、体と心を発達段階に合わせて育てる教育法です。モンテッソーリ教育では自立して日常生活、言語、数学、感覚、文化教育などが発達段階に即して行われます。国内、海外から取り入れられた教育方針はさまざまあり、幼稚園はどのような教育方針を実践しているのかを確認することが重要です。読み書きなどの英才教育を重視しているところもあれば、子供の成長に合わせて無理なく興味あることを提示する園もあり、子供にその教育法があっているのかを確認しなければなりません。教育法にあっていない園に通うと、子供が登園を拒否したりして、親も疲弊してしまいます。園の入園説明会や体験入園などでしっかりと教育内容や指導方法などを確認してください。

幼稚園の設備で確認しておくべき場所とは?

幼稚園の設備は、文部科学省の幼稚園施設整備の基本的留意事項によって細かく決まっており、通園環境から運動スペース、遊具や照明など設計計画によって作られています。
防犯システムなども基本的なルールにのって導入しているので安心して子供を預けられるでしょう。園舎は1学級180平方メートル、運動場は1学級330平方メートルの敷地が必要なため、保育園のように公園に遊びに行かなくても、園内で運動が可能です。備えなければならないものとして、手洗い施設やトイレがありますが、子供が使いやすいように工夫されているかは最低限確認しましょう。清掃などが行き届いていると安心です。子供が普段使っている設備は、見学会や説明会で確認することができます。経年劣化している古い施設では安全面などのチェックなどがしっかりされているか、子供が事故なく安全に過ごせるかどうかを親の視線でしっかりと確認しましょう。入園後では遅いこともあるので、事前に確認することが重要です。

幼稚園で運動神経を向上させておくと役に立つ

幼稚園に通うことで勉強をしたり運動をすることができますが、英才教育が用意されているところを利用することで運動神経を効率的に向上させることができます。運動が得意な状態になれば、小学校に進学した後に役に立ちますから、早めにそのような教育が用意されているところを探すのが大切になるはずです。
どのような教育方針になっているのかは入園をする前に調べることができますから、各家庭の考え方にあっているところを選ぶのが大切になります。
運動神経を成長させることができるところを選ぶことで、運動が得意な状態になりますから、体育などの成績もよくなる可能性が高いです。
幼稚園のときに成長をすることで、その後の成長にもいい効果を得ることができますから、時間を有効活用するのが重要になります。
幼稚園での経験をその後の人生にうまく活用していくことができれば、人生を豊かにすることにも繋がるので、実際に挑戦をしてみる価値はあるはずです。

アレルギーの子供も幼稚園に入園することはできる?

親御さんの中には幼稚園を探す際に、「うちの子供は食べ物のアレルギーがひどいので幼稚園に入園できるかどうか不安だ」という方がおられるようですが例えば,卵を食べると湿疹が出てしまう、チーズを食べると呼吸が苦しくなるというような症状を抱えておられるお子さんがおられるようです。
では、実際のところそのようなお子さんは幼稚園の入園はむつかしいのでしょうか?いいえ、今は多くの子供たちが何らかのアレルギーを持っているためにそれが原因で、入園することはできないということはありません。
しかし、あまりにもたくさんあったり命にかかわるような症状があるという場合であれば、もしかすると入園を断られることがあるかもしれませんし、断わられることはないとしても給食ではなくお母さんの手作りのお弁当を持参するようにお願いされることがあります。
希望とする幼稚園があれば、一度給食のメニューを見せてもらうということもいいかもしれません。

キリスト教の幼稚園は神に感謝をして思いやりの心を育みます。

数ある幼稚園の中には宗教の教えを基にしたものがあります。
その代表的なものが仏教系やキリスト教系幼稚園です。
中でもキリスト教は世界最大の信者人口を抱える宗教です。
日本では有名なフランシスコ・ザビエルが伝えたものです。
大きく分けるとカトリックとプロテスタントがあります。
その宗派によって若干の違いがありますが、いずれも神様からいただいた身体を大切にし、生まれてきたことを感謝します。
そして、家族をはじめ友達や周囲の人たちを大切にするという考えで、幼稚園においてもそのような考え方を方針として運営されます。
しかし、先生方が全員クリスチャンであることもありませんし、入信を強要されることもありません。
毎日の生活の中では「お祈り」があります。お食事をいただく際の感謝の言葉などです。
そして、聖書を基にしたお話を聞き、高い道徳心を育みます。
時として賛美歌を歌うこともあります。なにより大きな特徴はそのイベントにあります。
例えばクリスマス(降誕祭)、イースター(復活祭)など煌びやかで園児にとっては非常に楽しいイベントです。
ここでは賛美歌を歌うことや聖書の場面を現す劇などが行われます。このように宗教色のなかで躾けや他者を思う優しい心などが育まれていくのが特徴です。

仏教系の幼稚園は心の教育に重きを置いています

幼稚園の形態には様々なものがありますがその中の一つに宗教系があります。
代表的なものは仏教系、キリスト教系ではないでしょうか。
宗教と聞くと引いてしまう親御さんもいるかもしれませんが、そこまで深く考える必要はないでしょう。
入信を迫られることも数珠の購入を言われることもありません。
仏教系の幼稚園であっても必ずしも園長がご住職や僧侶ではないのです。また、中にはお寺の境内に園がある場合もあります。
教育方針としては、毎日の食事の際の礼などがあります。
宗教を軸として心の教育に重点を置いています。道徳心を育み、自分を取り巻く様々な恵みに感謝します。
そして、イベントには特色があります。
例えば4月8日に行われるお釈迦様の誕生を祝う「花まつり」、12月のお釈迦様の悟りを開いた日である「成道会」、2月のお釈迦様の亡くなった日である「涅槃会」などがあります。
そのためキリスト教のイベントであるクリスマスやハロウィンを祝うことは少ないです。
このように宗教心を背景として正しい心と躾け、強い身体を育んでいきます。

海外教育を見据えて幼稚園でも独島の教育が行われる

日本人の英語スキルは、世界中で最も低いと言われています。
日本では今や小学校や、中学校から本格的に英語教育を義務教育で行うものの、英語で会話することがいたって不得手だというのです。
これはコミュニケーションを重視した教育に力を入れていないことの表れであり、受験対策の文法中心の教育に力を入れすぎていることに問題があります。
今後ますます日本もグローバル化に進んでいく中、将来的に海外教育を受けさせたい親御さんも多い事でしょう。
わが子を海外で活躍できるような人間に育て上げたい倍には、幼稚園の段階から徹底した英語教育を実践させることが大事になってきます。
例えば幼稚園でも効率ではなく私立で英語教育に尽力するところを選択することをお勧めします。
外国のネイティブな幼稚園教諭が勤務していて、英語しか使えない楽手時間を設けていたり、英語を楽しみながら学習できるプログラムを導入している幼稚園を選択していくと良いでしょう。

プリスクールに関する情報サイト

英語 幼稚園 横浜

新着情報

◎2023/4/11

情報を追加しました。


>幼稚園で運動神経を向上させておくと役に立つ
>アレルギーの子供も幼稚園に入園することはできる?
>キリスト教の幼稚園は神に感謝をして思いやりの心を育みます。
>仏教系の幼稚園は心の教育に重きを置いています
>海外教育を見据えて幼稚園でも独島の教育が行われる

◎2022/6/30

情報を追加しました。


>幼稚園は園によって雰囲気が全く異なるって本当?
>幼稚園で入園の際に必要になる手続きとは?
>認定こども園と幼稚園の違いはどこにある?
>幼稚園選びは教育方針があっているかが重要
>幼稚園の設備で確認しておくべき場所とは?

◎2020/8/26

地域の特性をつかむのが重要
の情報を更新しました。

◎2020/7/14

実施されている教育の主な概要
の情報を更新しました。

◎2020/5/15

保護者がするべきこと
の情報を更新しました。

◎2020/3/16

日常会話も英語で行う幼稚園
の情報を更新しました。

◎2019/12/24

幼稚園で英語を学ぶことの良さ
の情報を更新しました。

◎2019/11/29

サイト公開しました

「幼稚園 教育」
に関連するツイート
Twitter

モンテッソーリ教育の教材集HP見つけたのでシェアします。この質、量で登録なし無料、ありがたいです。 昔、ガチ系のモンテ幼稚園に通っていた母ですが、まさに同じようなことをやっていました。この教材があればおうちでおしごとができる!と母は歓喜です。早速印刷します。

返信先:他1横失。今まで受けた医療の保険負担分を全額、乳幼児医療費公費負担で出してもらった金額も全額、幼稚園や学校で税金負担してもらった教育費も全部返金、上下水道の自己負担と実費の差額も全額、返金してもらう必要もありますね。

娘がいく幼稚園が特殊な教育方法で 合う合わないがあるから それをみて入園を決めてくださいて感じなのに そこの幼稚園の名前ほしさに入園して 子供の合う合わない見てない人多くてびっくり😅😅😅 あとおばさんたちからのマウントこわすぎwww

返信先:でも実際保育園や幼稚園の運動会では 「順位」をつけない徒競走や 勝ち負けのない赤白組の対抗戦 幼少期に勝ち負けから目を背け 「平等」や「助け合い」を謳っても 社会にでたら完全な「競争社会」 「ゆとり教育」世代って 我々「職人業界」にほとんど 残れてません。 玉城さんのご意見も聞きたいです

里親出したいとか言ってるけどお前らの教育が悪いだけじゃん 幼稚園の家族の思い出は食べるの遅くて口にご飯詰め込まれてゲボ吐いてゲボを食べさせられたことしかねぇよそんなやつが保育士やんな